ローンカードの息の根を完全に止めた

消費者金融の審査に通らない、これはかなりショックなものです。
一番に挙げられる理由としては他社からの借り入れがあります。

 

初めてのキャッシングであれば年収が少なかったとしても審査に通過する可能性は100%に限りなく近いでしょう。
しかしこれは他社からの借り入れもある状況であれば話は違います。
まず3社以上の借り入れがある場合には新規申し込みはできないと考えてもよいでしょう。
嘘の申告をしたところでたちどころにばれてしまいます。
消費者金融は個人信用情報機関を通じて個人の債務情報を共有し管理しているからです。

 

それでは他社からの借り入れがどのように影響するのか具体的に見てみましょう。

 

一つは総量規制です。
これは法律によって決められたことになりますのでどうにもなりません。
消費者金融から個人が借り入れをする場合、全ての借り入れ金額の合計は年収の3分の1を超えることはできないというものです。
そのため他社からの借り入れで既に年収の3分の1に達している場合には新しい借り入れはできなくなります。

 

もう一つは返済能力です。
他社からの借り入れの状況も個人心証情報機関で確認することができます。
そのため滞納している場合でも確認されることになりますので返済能力がないと判断されるでしょう。

 

これらは非常に重要な項目になります。
申し込みをするときにも他社からの借り入れがあるときには一度考えてみるとよいでしょう。
総額を考えてみると厳しい状況もあり得るかもしれません。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 10:01:02

審査基準は属性を採点することによって決められています。
消費者金融では申し込みをすると審査が行われますがこの時に属性つまり各項目を与信スコアリングという採点方式で合計していくことになります。
この合計点数が審査可決ラインに達していれば審査に通過できるというものです。

 

属性にはさまざまな項目があります。
年収、職種、家族構成、居住形態、他社からの借り入れ。
それぞれに点数がつけられています。
例えば職業。
もっとも点数の高い職業は公務員です。
安定性のある職業としては間違いありませんね。
ボーナスカット、給料削減とは言われるものの、そこまでされたとしても一般的な給料よりも格段に高く安定しているものです。
ついで大企業、中小企業の順に評価されていきます。
パートアルバイトは採点が低くなっていますがゼロではありません。

 

このようにしてそれぞれの属性が評価されていきます。
評価が高いほどに審査に可決する可能性が高くなり、そして融資限度額もおおきくなります。

 

意外なところではありますが、勤続年数も大きく採点の足しになります。
正社員として働いていても勤続年数が短ければ評価は低くなります。
反対にアルバイトやパートでも勤続年数が長ければ評価は高くなります。

 

審査は自動で行われることになりますので従業員の気持ち次第、というものではありません。
年収が低くてもあきらめる必要がないのはやはり属性によってさまざまにプラス得点があるからでしょう。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 10:01:02

今では消費者金融の即日融資は常識となっています。
とはいっても即日融資が可能なだけであり確実ではないというのは現状。
どうしても即日融資にしたいというのであればいくつかの項目をチェックしておきましょう。

 

まず、消費者金融では即日融資が可能な時間が決められています。
この時間が明確になっていないのであれば即日融資は難しいと判断して別の消費者金融を探しておきましょう。
契約完了時刻が条件として記載されているはずです。
申し込み受付時間ではありませんので注意をしなくてはなりません。
申し込みをすれば審査があります。
審査時間は最短では30分となっていますが、過去にキャッシングをしたいた履歴があると審査が長引く可能性はあります。
この審査の後には融資限度額の通知となり、いよいよ契約となります。
契約が完了して初めてキャッシングが可能となりますので申し込みから契約までには時間がかかると考えておかなくてはなりません。
一般的にはこの時間は1時間ほどは余裕を持って考えておいた方がよいでしょう。

 

意外な盲点としては必要書類を忘れたことによって時間がかかるということ。
必要書類が無ければ契約はできません。
本人確認証は運転免許証かパスポート、健康保険証になりますので必ず用意しておきましょう。
また借入希望額が50万円を超える場合、他社からの借り入れも含めると100万円を超える場合には収入証明書類も必要となりますので忘れないようにしましょう。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 10:01:02

札幌は大きな都市になりますので消費者金融も数多くあります。
昔から地元に根付いた消費者金融もありますし、全国展開をしている消費者金融も札幌には必ず支店を置いています。
その中でどんなところから借入をしようと考えていますか?

 

もともと札幌が地元であり、個人営業をしているもしくは中小企業となる消費者金融もどこが安全なのかを把握しているのであれば問題ないでしょう。
しかし、そうではない場合。
全国的な知名度の無い消費者金融ではなく、全国的に誰がきいてもそれが大手の消費者金融であるとわかるところの方が確実に安心ができる借り入れ先となります。

 

例えばそれが安全な中小消費者金融だったとしましょう。
しかしそれを判断するだけの材料がないのであれば迷う必要はありません。
大手から借入をすればいいだけのことです。
また安全かどうかという問題だけではなく普段の使い勝手も重要です。
返済をもちろん重点に考えておかなくてはなりませんが、キャッシングをするために消費者金融を利用するのであればなおのこと考えておかなくてはなりません。
というのも、地元では便利に活用することができたとしても旅行や出張ではどうでしょう。
全国展開をしている消費者金融であれば全国どこにいてもキャッシングも返済も自由に行えるというメリットがあります。
引越しをしたとしても問題なく利用を続けていくことができるでしょう。
どこからの借り入れにするのか充分に検討することをお勧めします。

 

プロミス 増額 土日
続きを読む≫ 2014/09/02 10:01:02

総量規制のある消費者金融会社、年収の3分の1以上は借り入れができないことはご存知かもしれませんが、収入証明はどのタイミングでの提出になるのかは詳しくは知らない方もいるかもしれません。

 

決められている条件としては下記の二つがあります。
・1社からの借り入れが50万円を超す場合
・借り入れ件数に関わらず借り入れの限度額が100万円を超す場合

 

1社からの借り入れが50万円を超す場合というのはわかりやすいでしょう。
消費者金融によっては「限度額が50万円を超す場合」と「希望借入額が50万円を超す場合」と分かれていますので申し込み時にはよく確認した方がよいでしょう。

 

さてもう一つの条件である借り入れ件数に関わらずに提出する場合です。
これは借り入れの総額ではなく、限度額の総額になります。
そのため現在の借り入れ金額だけではなく限度額全体を見ることになりますので3社目の借り入れとなれば大概は収入証明を提出することとなるでしょう。

 

それでは収入証明書類として使える書類にはどんなものがあるのかも確認しておきましょう。
・源泉徴収票
・給与明細書
・課税証明書
・納税通知書
いずれも最新のものである必要がありますが、給与明細は直近2か月分や3か月分と決められているものです。
ボーナスがある場合には賞与明細書も必要になることがあります。

 

基本的には収入証明書類の提出は申し込み時になりますが、勤務先が変わった場合と、収入証明提出から3年もしくは5年で再提出が必要となります。

 

プロミス 年末年始
続きを読む≫ 2014/09/02 10:01:02